大切なのは収入の安定性のみ

カードローンの利用審査において重要な項目は多数存在しますが、大切なのは収入の安定性です。個人事業主で年収が400万円あったとしても、収入が0の月があれば収入が安定しているとは言えません。

年収を調べられる理由としては、経済力の有無だけではなく実際に利用する時の限度額をどれぐらいに設定するかを決める為です。法律によって借入額は年収の3分の1までと定められています。この金額を越えて借すのは法律違反であるので、そういった金融機関は違法な業務を行っている可能性が高いです。

新卒の会社員で、就職後すぐにカードローンに申し込むのであれば安定性が無いという事になります。しかし、この場合においては前年度の収入に関しても見られる事になります。前年度にアルバイトを頑張っていて安定した収入を得られていたのであれば、審査に通る事も可能になります。

就職後すぐに利用する場合のデメリット

就職後すぐにカードローンを利用するのは、前年の収入が安定していれば可能ではありますが、実際に利用してから不便な事もあります。前年の収入で審査をするという事は、年収に関しても前年を参考にされるということになります。

年収の3分の1までしか借入出来ないので、最高でも30万円程度しか借入出来ないという事になります。アルバイトで社会保険を適用しているのであれば年収200万程稼いでいる場合もあります。そういった場合においては3分の1である70万程度を借入する事も可能になります。

しかし、金融機関によっては就職後すぐにカードローンを利用している場合は、利用限度額を故意に引き下げる場合があります。これは社会人に成り立てであるので、まだ信用性が薄いという事が理由に挙げられます。数年勤める事が出来れば、利用限度額の引き上げ申請をする事も可能です。

プロミス審査ガイド
Copyright© プロミス審査ガイド All Rights Reserved.